ゴルフ蘭子のありえんよさみが深い雑記

アイマスの話以外もするからな

リズム感ゼロの人に贈る、バンドリでフルコンを取る方法と練習の完全マニュアル

おう、ゴルフ蘭子だ。

 

最近俺はバンドリにハマっている。

 

俺という人間の本質がイキリ音ゲーマーなので、ミリシタではヌルすぎてやる気がなくなってしまったのである。

 

そんな話はさておき、もうすぐバンドリの大会である「ガルパ杯」が近づいているので、今回は自分の備忘録用にガルパでフルコンを安定させる方法と、APに近づける方法を書こうと思う。

 

今回の記事を見る人はバンドリを知っている人が多いだろうから、音ゲーのレベルやターゲットを以下に絞らせてもらう。

 

【レベル】

・LV28曲をどれか1つでもフルコンしている(たぶんGod knowsフルコンしてる人多いのでは?)

・150曲以上EXPERTをフルコンしている

 

【特徴】

・フルコンは何曲か出しているがAPなんてもってのほかで、グレが50個ぐらい出ている

・リズム感ゼロ

・端末はApple系(IPadIPhone

 

 これを見て「フルコン曲数150はきついわw」って人、ちょっと待ってほしい。

俺も音ゲーに向いていない人間なのだ。

 

未だに太鼓の達人は「むずかしい」をクリアできないし、サウンドボルテックスは5年ぐらいやっているのにいまだにEXHをできない。

 

まさに「ザ・シングルタスク」タイプの代表、元帥なのである。

 

 

そんな、音ゲーに向いていない人が贈る方法なので、すでにAPを何曲も出している人は逆にへたくそになるかもしれない。

 

だが今宵、発表する。

 

大前提として、物事をうまくなるためには基本的に以下の流れさえ押さえていればよい

 

f:id:golfranko000:20190321191521p:plain

 これを音ゲーに当てはめるとこうなる

 

 

f:id:golfranko000:20190321192024p:plain

 

ゴールを意識することが一番大事で、今回のゴールは自分がリズムにノれているかではない。youtubeとかで上がっているAP動画の動き、音のタイミングを完コピすることである。

 

今回は大会の曲でもある「Y.O.L.O」を例に出そう。

 

①②譜面を知る、指の動かし方、タイミングを知る

YOLOは全部で768コンボある曲で、バンドリの中では平均的なコンボ数の曲だが、明らかにLV26ではない難所が合計4つある。

 

ほかのところは、適当に叩いていてもクリアできる人が多いだろうから、今回はその難所を攻略するという過程で話を進めよう。

f:id:golfranko000:20190321192803p:plain

 (パターン1とする)

 

最初の難所だ。上から見るとこうなっている

f:id:golfranko000:20190321222818p:plain

この譜面をまず記号にする。

両手をd(doublehand)、右手をr(righthand)、左手をl(lefthand)と定義するとこのようになる。以下の説明でもこれを引き続き使い続けていく。

d,(rlr),d,(rlr),d,(rlr),(lrl),(rlr),(lrl),(rlr),l,r,d

色分けする

d,(rlr),d,(rlr),d,(rlr),(lrl),(rlr),(lrl),(rlr),(l,r,d),(r,l,d)

 

dは言うまでもなくできると思うので割愛するが、紫と緑で色付けした塊が一番難しいんじゃないだろうか?

 

右手優位のrlr、左手優位のlrl、これらをまず単体て練習(空たたき。小学生が机でだんじりの真似しているみたいに)し、あとは譜面に合わせて叩いていけばいい。

 

そして茶色で色付けした箇所、ここも紫と緑で急かした後に急に密度が疎になるので間違えやすい。

茶色までの入りを完璧にして余裕の構えで攻略しよう。

 

ここを単体で攻略するだけで本当に安定させることができる。ぜひやってください。

まずこれで306コンボは確保できます。

 

はい次。

f:id:golfranko000:20190321192749p:plain

(パターン2とする)

 

サビ前のこいつ。実はゴルフ蘭子自身も最も苦労しているところ。

上から見てみよう。

f:id:golfranko000:20190321224919p:plain

左よりがえぐい!(千鳥ノブ)

これも記号化するとこうなる。

(rl),(rl),(rl),(rl),d

すげえ勢いで左によりながら最後に同時押し!

 

これいまだに打率5割です。世の中には体が思い通りに動かないひともいて、私の場合、人差し指が思うように動かないんです。

 

頭の中で論理接続をしていても、体がその通りにうごいてくれない。これをよんでいる読者たちはおそらく思い通りに動かせるタイプなんだろうし、きっと普通に攻略出来ます。

 

せめて頭の中で論理接続してみてください。知らない状態で叩くと本当にあてずっぽうのランダム乱打になりますが、あ、これbemani学園で学んだ!ってちょっとした知識があるだけでだいぶマシになります。

 

はい次

f:id:golfranko000:20190321192820p:plain

(パターン3とする)

 

縦ドコドコからの左よりのところです。

上から見てみよう

 f:id:golfranko000:20190321230434p:plain

 

これは縦連とパターン2の複合バージョンである。

記号化すると

(rlrlrl) →右へ移動→(rl) (rl) (rl) (rl)

 

右へ移動するときに座標を間違えやすいのが難所。

基本は (rl) なのでそこだけはゆっくりと指を動かしながら覚えていこう。

 

はい次

f:id:golfranko000:20190321192735p:plain

(パターン4とする)

 

上から見てみよう

f:id:golfranko000:20190323114612p:plain

 

全然気づいていなかったのですが、パターン3と4は同じでした。

攻略法はパターン3と同じです。

 

【環境設定】

めちゃくちゃ大事です。これを意識するかしないかで本当に変わります。

特にすべきところを今回は3つに絞りました。

 

①ノーツ速度

 

ノーツの速度=画面上のノーツの密度

ととらえてください。

例えば、拾い画ですが以下の設定は速度1です。

ããã³ã㪠ãã¼ãé度ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ゴルフ蘭子は速度10でやっています。

 

実際に叩いてみるとわかるのですが、ノーツが超低速でなおかつ高密度で落ちて来たらrリズム感ゼロの人は本当に焦ります。

自分に合ったノーツ速度を探りましょう。

 

②判定調整

これは機種によって差が出てしまうためです。

ããã³ã㪠ãªãºã èª¿æ´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

判定調節の「タップで調整する」を押すと音に合わせて叩いてくださいという指示がされるので、それに合わせて叩いていると自動で自分に合ったタイミングに調整してくれます。

デフォルトは0になっているのですが、Androidをつかうと本当にズレるので必須となっております。

 

スマホの滑り止め、サラサラフィルム

これ本当に大事です。裏面つるつるのスマホや、ハードケースを使っているスマホを机に置いてやろうとすると絶対にうまく叩けません。

 

ゴルフ蘭子は100均でこのような滑り止めを購入して使っています。スマホがうごくことがないのでどれだけ強く叩いても平気です。

 

 

また、スマホフィルムもマットタイプを買いましょう。

 

④机以外では上手くなるためにプレイするな

机以外ではたとえ滑り止めを使っていても絶対にスマホがぐらぐらしてベストな状態でプレイできないからです。

 

特に、電車でやっているような人も多いと思うのですが、どうしてもやりたいなら動画学習が一番効果的でしょう。

 

私は一時期電車で「うまくなるために」プレイしてしまい、机で叩いたときと電車で叩いたときの指座標のズレが出来てしまい、ミスを連発してしまいました。

 

そもそも、電車で音ゲーは本当にダメです。席を取ったとしても横に老害が座ってきたらなんか言われることもあります。

 

おっさんが後から座ってきたくせに文句を言う。自分が電車で寝たいからという理由で。

 

このおっさん窓割って外に放り投げたい。死ねよ。こんな邪念がある状態でバンドリがうまくなることがあるでしょうか?

 

答えは当然NOです。

 

【個人の見解】

さて、ここまでに分析しながら、譜面の攻略法を説いていきましたが、本当に大事なのは実際に叩けるようになることです。

 

練習も、難しい曲になると試行回数でどうにかするという物量作戦が効かなくなります。

まずは一旦おちついて、譜面をみることを意識しましょう。

 

YOLOも、このように難しい部分をピックアップしなければただの素早くノーツが降りてくるよくわからない状態から始めることになりますが、

 

このように難所だと感じるところをスクリーンショットで切り取って、落ち着いて構造を見て、指で実際に空叩きをしてみると案外すんなりできるようになります。

 

ただAPを取ろうとするならば話は別です。今回ご紹介した方法はフルコンボ」を取る方法であって「パーフェクト」を取る方法ではないからです。

 

リズム感がない人が、パーフェクトを取ろうとするならば、ひたすら曲を聴き、ノーツを瞳孔が開いた状態でしっかり見て、うまい人のAP動画のタップの音を記憶するぐらいしないと完コピは難しいです。

 

DJのようにノリノリで叩こうとするひとがいますが、リズム感無い人がミスを連発しながら叩いていたらそれは音ゲーがうまい人ではなくてただのキモオタです。

 

【環境を整えた上でフルコンを取るプロセスまとめ】

①実際に叩いてみて、難しいところをピックアップする

②スクショで切り取ってみて、ゆっくりその譜面を叩いたら?をシミュレートしながら空叩きする

③フルコンを取ることを意識しながら叩く。BADは出してもMISSを出さないように叩く。

④ガルパ杯の前に有給を取る

 

この3プロセスで絶対に今よりは腕が向上すると思います。

あと、フルコンが安定することで自然とパーフェクトも取りやすくなってきます。

 

リズムに乗れる天才型の人はこの記事を見なくてもいいと思いますが、リズム感ゼロだけど音ゲーが好きな努力型の人にとっては効果抜群だと思います。

 

それでは、楽しいガルパライフを♪