ゴルフ蘭子のありえんよさみが深い雑記

就活中にネットビジネスや会社、社会の奴隷で検索するレベルのヤバイ人の雑記

大学3年生に読んでほしい、ほぼ失敗しない研究室選び

こんにちは、ゴルフ蘭子です。

今大学4年生です。

大学3年の方、研究室はどんな基準で選ぶ予定でしょうか?

就職がいいから、やりたい分野だから、いろいろありますよね。

というより、やりたいことねぇよ!て人が多いと思うんですよね。

今回は、これだけに従えば出だしほぼ100%成功する研究室選びをご紹介します!

 

結論から言うと

友達が行ってるところに行く

 

これだけです!!

え?友達がいない?

それでも大丈夫です!そんな人はこれに従いましょう!

  

教授の性格が良く、内容がなんとなくわかりやすい研究してるところに行く

はいこれで大丈夫ですb

私は、この基準を発見したのは4回生になってからですが、こうすればよかったと後悔しています。

 

【根拠①】

友達と同じところに行く

 

これはメンタル面の話で、たとえブラックだとしても気持ちが楽になるからです。

気持ちが楽になると作業効率も上がるのでオススメです!

仮に興味がない研究だとしても、知識の補完のしあいが出来るため、パワポ作りの時でも似たような構成に出来て尚良いです(´∀`)

 

【根拠②】

教授の性格が良い、内容がなんとなくわかりやすい研究してるところに行く

 

性格が良いのなんかわからんわ!って人向けに見極め方を言いましょう。

授業で質問してみたり、研究内容の話などの雑談などのコミュニケーションを取ってみてください。

これだけです。

そのときの説明を受けた後の気持ちはどうでしょうか?

いい気分ならあとは研究内容の話を思い浮かべてみてください。

興味ありましたか?

理論タイプでした?実務タイプでした?

基本的には、実務タイプの研究をしている研究室が単純明快でやっていて楽しいと思います。

理論タイプの研究はあくまで未来の技術の理論を研究し、シミュレータで実験するというタイプのところが多いので、何のために研究をやっているのかわからなくなります。

 

 実務がいいってわけではありません。仕事、技術としてみたときにイメージの付きやすいほうを選んでください。(これを極めたいというのがあればベストですが…(;´・ω・))

 

だいぶ絞れてきたのではないでしょうか?

おめでとうございます!これでおきらくゆるふわ大学4回生生活が待っています!

 

 (僕の失敗談)

僕は、研究室の就職先がいいという理由だけで行きました。研究内容に興味もありませんでした。なので大学で一番大企業への就職が多い研究室を調べていまの研究室にしてしまいました。

実際に仮配属が始まると、一気に後悔することになります。そうです、教授の求めるレベルが高すぎたのです。

当時、技術書を渡されてそれをまとめるというものでした。自分なりに読んで、理解してまとめたつもりでしたが、教授のもとめるパワポのクオリティーではなかったようで何度も修正を求められました。

問題点があったとき、君は解決策を考えるけどすぐ納得して深く検証しない癖がある。知識をほぼ鵜呑みにして考えずに喋ってるといったことを言われましたが、納得したら普通の人なら理解したものとしてほったらかして他のことに取り掛かりますよね?

このような、教授の求めるレベル、自分のレベルに隔たりがありすぎて自信を無くしてしまったのです。

本当にしたいことは何なのか?教授の顔色を窺いうんたらかんたらといった半哲学じみたことを考え出すようにもなって、判断基準をきちんと持つことの大切さと、実際に判断材料を見つけたのです。時すでに遅しですが。。。。

さらに、就職先がいい理由も教授のコネがあるとかではなく、意識が高いかつ元のポテンシャルの高い人が集まった結果というだけでした。

そらあできる人はいいところに旅立つわけですよね。。。

場違いなこの空間に一人迷い込んでこれからあと1年耐え続けなければならなくなったのです(涙目)

 

というわけでみなさん、がんばって人生イージーモードにしましょう!サヨナラッ( ˘ω˘ )ノ